にきび の原因の最近のブログ記事

にきびと揚げ物

| | コメント(0)

にきびと揚げ物についてですが、にきびに揚げ物は一番よくない食べ物だと言われています。
揚げ物の中に含まれている豚や鶏といった動物性脂肪というのは、血液の中の中性脂肪の量を増やしてしまう働きがありますからその結果にきびの元になっている皮脂の分泌を増やすことになります。
ですからもちろんにきびが出来ているときには揚げ物を食べるのはやめたほうがいいですし、自分がにきびが出来やすい体質だと思っている人はあまり揚げ物を食べるのを控えたほうがいいかもしれません。

揚げ物の変わりに、魚介類を食べるといいと思います。
魚介類には血液をサラサラニしてくれる効果があるのですが、これはにきびにも効果的です。
ですから出来ればにきびが出来ているときは揚げ物を食べないように気をつけましょう。


にきびに大敵な揚げ物というのは、食事の際に気をつけるだけではありません。
おやつやお菓子のスナック類、ポテトチップなどもにきびに大敵の揚げ物です。
ほかにも、ナッツ類も脂が多く含まれている食品になりますからにきびが出来やすい体質の人やにきびの人はなるべく控えるようにしたほうがいいですね。
にきび予防には脂を摂取することを控えるのが一番です。
出来るだけ脂っこい食生活を見直すように気をつけましょう。

にきびの原因

| | コメント(0)

余分な皮脂分泌が原因で、毛穴が詰まることによっておこる炎症がにきびです。
にきびといえども軽く考えずに皮膚の病気ときちんと捉えて治療をすることが大切です。

にきびの原因となるものはその症状によって実に様々です。
まず白にきびといってにきびの初期症状にあたり、毛穴が詰まって皮膚表面に白く盛り上がった状態になるものがあります。

白にきびは毛穴が閉じてしまうことが原因でできてしまいます。
毛穴が閉じるのを防ぐには、毎日の洗顔を適切に行って、皮脂がきちんと排出されるようにすることです。

また黒にきびというものもあります。これは毛穴内部に詰まった皮脂が、毛穴の外に押し上げられてしまい毛穴が開いて入り口のところで黒ずみ、酸化している状態です。過剰な皮脂分泌と毛穴のつまりが黒にきびの主な原因だといえます。

赤にきびというのは、軽症の白にきびや黒にきびが悪化してしまった状態です。
毛穴に炎症おこしてしまっているのです。ここまで悪化してしまうと、日々の洗顔や食事のコントロールでは治りにくくなってしまいます。
そしてストレスによってますます悪化してしまう危険性があるのです。
この赤にきびがさらに悪化した状態のにきびを「化膿にきび」といいます。

化膿にきびにはアクネ菌が深く関係しています。アクネ菌は皮膚を栄養にして増殖する菌で、炎症をおこしている毛穴の内部を化膿させます。
この状態になると痛みや痒みもおこってくるでしょう。
にきびにはこのようにひとつひとつ症状に段階があるので、その症状に適切な治療をしていかなけれならないでしょう。それが早い改善につながるのです。

にきびと甘いもの

| | コメント(0)

"にきびが出来ている人にとって甘いものというのは大敵だといわれています。甘いものというのはにきびが出来やすくなったり、にきびを悪化させてしまう可能性があるのです。なぜ甘いものがにきびに良くない影響を与えるのかというと、ケーキやチョコレートなどに含まれている糖分というのは、胃の中で消化されると炭水化物と同じで、脂分に分解されてしまいます。脂分に分解されてしまうということはにきびの元になっている皮脂を作ることになりますからにきびを悪化させたり、にきびを作ることにつながるのです。にきびを早く治したい思っている人はこれ以上にきびを増やしたくないといっている人は、甘いものを少し我慢したほうがいいですね。

にきびに良くない甘いものというのは洋菓子だけではありません。意外にもおせんべいやおかきなどのもち米が原材料になっている甘いものにも糖分が含まれていますし、炭水化物も含まれています。ですから、これもにきびにとってはあまりいい食べ物とは言えないと思いますからにきびが出来ている人や、にきびを作りたくない人は食べるのを少し注意したほうがいいですね。にきびが出来ている思春期に、甘いものを食べてしまいたい気持ちが抑えられないことがありますが、ここは我慢が大切です。
"

にきびとからい食べ物

| | コメント(0)

"にきびと辛い食べ物についてですが、辛い食べ物ってにきびに良くないということを語zんじでしょうか?辛い食べ物というのは刺激物です。刺激物は食べた後、胃に入ったら胃が荒れてしまうことがあります。胃が荒れると内臓に負担がかかってしまって、にきびが出来やすくなるといわれているのです。ですから、胃に負担がかかってしまうような刺激物や辛い食べ物はにきびを作る原因になります。また辛いものというのは、体の中の血液の流れを促進する作用があります。これがにきびにどう関係しているのかというと、にきびの症状を血液の流れを促進することによって悪化させることがあるといわれています。ですからにきびが出来やすい体質の人はあまりからいような食べ物は控えるようにしてできるだけ内臓に負担がかからないようにするといいですね。

とはいっても、韓国や中国では昔からキムチなどの辛い食べ物を食べていても肌が綺麗な人が多いではないかと思う人もいると思いますが、根本的に日本人はもともとはキムチなどの刺激物を食べる人種じゃなかったために、刺激物を食べるとにきびができてしまうという体質のようですからにきびに刺激物は大敵です。にきび体質の人は特に気をつけましょう。
"

にきびと海藻類

| | コメント(0)

"にきびと海藻類についてですが、にきびの人が海藻類をあまり食べないほうがいいといわれています。海藻類はミネラルなどを沢山含んでいますから体にいいと思われていますが、にきびにはあまりよくない食べ物だったようです。にきびになぜ海藻類が良くないのかというと、海草の中に含まれているヨウ素は、甲状腺ホルモンを作るミネラルなのですが、このミネラルがにきびの症状を悪化させてしまうんだそうです。にきびによくないと言われている海草に含まれているヨウ素は、体の中に入ると皮脂腺から体の外にだされてしまいますからそれによってにきびが出来やすいといわれているのです。

とはいっても、にきび以外で考えてみると海藻類というのは体にいい食べ物で有名ですよね。低カロリーでミネラルが豊富な健康食品です。ですから、にきびが出来ている人、にきびが出来やすい人は、少し海藻類の過剰摂取に注意するようにするといいと思います。普段、にきびが出来ている人でも、海藻類をバカ食いする人はいないと思います。ですから普段の生活で気にすることはないと思いますが、例えば海草サラダを食べてダイエットをしようと思って三食海草サラダに変えるような人があれば、にきび体質の人にとっては悪化させる原因になるので気をつけたほうがいいですね。
"



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち にきび の原因カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはにきびの説明です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。